ソーシャルレンディングとは何か

お金を借りたい人と投資家を結ぶ新しいサービス

ソーシャルレンディングというサービスの存在をもしかしたら現段階では言葉すら知らない人の方が多いのかもしれません。 結婚や出産、子どもの教育費、車などを購入したい時や、また値段の高い買い物などがあります。 個人でまとまったお金を借りようと思うと、これまでの日本では選択肢はいくつかに残念ながら限られてきました。 国や銀行や消費者金融などから融資を受ける以外は、公的にお金を借りれる場所は探してみてもありませんでした。 やはり2005年頃から、欧米では個人間でのお金の貸し借りをするソーシャルレンディングが普及しだしました。 これが現在ではその規模は比較して拡大していますので、ここでは面白いP2P融資やPtoP金融とも呼ばれているものです。 このように比較的に新しい若い層もこれには興味深いものです。 まだ未開拓と言っていいサービスは、そしてインターネットでのコミュニケーションが一般社会でも当たり前になっているのです。 この時代のニーズにかなり合っていて、今後もっと一般的になり浸透していく事がここでは予想されています。

マーケット型とオークション型の2通りの形式

オークション型はmaneo(マネオ)が挙げられます。 借り手は目的や信用度をコミュニティ内で頑張ってアピールする事になります。 それを見た貸し手側がそれらを比較して投資・融資先をここでは決定していきます。 気になる金利はオークション形式の入札方式です。 これは一番安い利率で入札した人が貸し付けの権利(1人という決まりはない)を得ることができます。 簡単に説明すると、以前テレビ番組でやっていた人気の語り継がれている企画の一つである「マネーの虎」のようなソーシャルレンディングという名称のものです。 マーケット型はシステムは運営会社が審査をし借り手の各付けを行いましょう。 この順序としてこれからそれをもとに投資家が金利を判断し決め貸し付けを行います。

ソーシャルレンディングでお金を借りる人の傾向

中間マージンのカットで借り手は低金利が期待できます

銀行や消費者金融と大きく違うのは、オークション形式で金利が決まる事と、余計な手数料を低く抑えることが出来るので低金利で融資を受ける事ができる可能性があります。 また、返済能力はあるのに過去に一度、遅延してしまった事がある方などで銀行などの審査が降りない方などにも評判があります。 もちろん、融資を求める方の理由や目的はバラバラです。 しかしそれに対して比較的多くみられるのが借り入れの乗り換えや一本化です。 事業を起こすための資金、急な引っ越しや移動のための敷金、礼金、出産費用や養育費などが多くみられます。 ソーシャルレンディングを利用した過去のパターンやケースの一例としてもあります。 このように引っ越し費用(会社の都合で突然の移動命令)65万円の借り手を募集した一般の方は、金利6%で希望したところ、約7時間程度で全額が集まり、貸し出しを受けることに成功しました。

ソーシャルレンディングでの投資家の傾向を比較

貸し手の55%が4件以上に投資している

借りる人は一体どのような人がお金を貸してくれるのか結果的に気になるかもしれません。 もしかしたら、漫画やドラマなどで見かけるような闇金のような風貌の方を想像する人もいるかもしれません。 しかしこの多くの方がこのような新しいビジネスに興味を示し早い段階からソーシャルレンディングに可能性を見ている方です。 もちろん、現状で投資をできるくらいですから金銭的に余裕がある方のほうが多いのです。 現状ではSBIでは1万円からの投資も可能ですので、これから先に投資家として学びたいという方も確実に数多くいます。

日本でのソーシャルレンディング

日本でも今後さらに浸透し定着する事が予想されてます

アメリカやヨーロッパでは当たり前のものになっているこのサービスは、今も日本でも行われています。 金利を投資家が決定するオークション型のmaneo(マネオ)という企業は、元銀行マンの妹尾賢俊さんが始めた勢いのある知名度の高いベンチャー企業です。 ポイントを纏めると他にもスタイルの似たマーケット型ソーシャルレンディングのAQUSH(アクシュ)や、大手のネット銀行や、損保、証券などでも知名度も高く有名なSBIがあります。

SBIソーシャルレンディング 実質年率 特徴
年6.0%~17.5% SBIはネット銀行や損保、保険でも知名度は比較てき高く、誰もが知っている企業です。 フリーローンだけでなく借換ローンや投資家に向けてのキャンペーンやセミナーなども積極的に意味を持って行っています。 借り手、貸し手ともに個人融資でも大手の安心感を求める消費者のニーズにあっている一番人気なのが注目のソーシャルレンディングです。
生活保護
maneo(マネオ) 実質年率 特徴
2.85%~17.80%(オークション形式) 2011年8月時点での登録者数は20,871人で、成立ローン総額は\873,890,000円です。 コミュニティーやSNSとしての機能やサポートが、他と比較して充実していることが人気のソーシャルレンディングです。
AQUSH(アクシュ) 実質年率 特徴
年6.04%~17.48% メディアやニュースへの露出も多く、知名度も高い事が人気の理由の一つです。 2011年8月時点でのユーザー数は5,205人で、ソーシャルレンディングでのローン申込総額は20億円という驚くべき数字を突破しました。

このページの先頭へ